04_技術情報‎ > ‎

07_このPC-98にSSDを

このPC-98にSSDを
 
まだまだSSDは高いので、CF/SD変換でSSD化の実験してみました。
 
【検証環境】
PC-9821RvII26/N20 2号機
SATA2RI4-LPPCI
 
■CF編
実験用に8GBのCF(SP008GBCFC200V10)をベースに各変換基板で動作検証。 
ベンチテストにはHDB98を使用しています。
 
・SATACF1NTFS・・・正常動作
Machine name[64]: PC-9821 RvII26/N20 
Disk interface  : SATA2RI4-LPPCI 
Disk drive name : SP008GBCFC200V10+SATACF1NTFS 
[ IDE 接続ディスク  内蔵1 80h  総容量   7695(MB)] 
Grain size:  32768   16384    8192    4096    2048    1024     512 (B)
------------------------------------------------------------------------
Speed(top):  25000   18100   12300    7530    4110    2160    1100 (KB/sec)
Speed(end):  25000   18500   11900    6920    3760    1970    1000 (KB/sec)
Seek time : 96 points.
 
普通に動作してしまいました(汗。速度もなかなかです。もっと高速なCFならその分速度が期待出来そうです。問題はそのクラスのCFより、もはやエントリーレベルのSSDの方が安かったりする事なのですが。。。
 
・CF3.5SATA・・・正常動作
achine name[64]: PC-9821 RvII26/N20 
Disk interface  : SATA2RI4-LPPCI 
Disk drive name : SP008GBCFC200V10+KRHK-CF3.5SATA 
[ IDE 接続ディスク  内蔵1 80h  総容量   7695(MB)] 
Grain size:  32768   16384    8192    4096    2048    1024     512 (B)
------------------------------------------------------------------------
Speed(top):  25000   18500   12300    7600    4170    2200    1120 (KB/sec)
Speed(end):  25000   18900   12100    7040    3830    2000    1020 (KB/sec)
Seek time : 92 points.
SATACF1NTFS同様普通の動作しました。ベンチの結果もほぼ同じなので、特性も同じなのだと思います。
 
■SD編
外付けSCSIのSSD化時に使用したTS8GSDHC6を再利用して動作検証。
ベンチテストにはHDB98を使用しています。
 
・ZERO-SD100S・・・・正常動作
Machine name[64]: PC-9821 RvII26/N20 
Disk interface  : SATA2RI4-LPPCI
Disk drive name : ZERO-SD100S+TS8GSDHC6
[ IDE 接続ディスク  内蔵1 80h  総容量   7646(MB)] 
Grain size:  32768   16384    8192    4096    2048    1024     512 (B)
------------------------------------------------------------------------
Speed(top):   9060    8190    6920    5290    3560    2120    1180 (KB/sec)
Speed(end):   9060    8270    7040    5390    3670    2240    1260 (KB/sec)
Seek time : 277 points.
SDの方は、やぱっぱり駄目だろうなぁと思っていただけに、動作したのは嬉しい誤算。流石に
200倍速のCF(SP008GBCFC200V10)には勝てないが、良い感じに速度は出ています。あと、
なんと言ってもSDの方が圧倒的に安いですからねぇ。とりあえず、リベンジ出来たぜよ\(T▽T)/
 
■SD編(その2)
class10のメディアとclass6のマイクロSDを入手したのでそれぞれ動作検証しています。
ベンチテストにはHDB98を使用しています。
 
・class6の8GBマイクロSD 
Machine name[64]: PC-9821 RvII26/N20 
Disk interface  : SATA2RI4-LPPCI
Disk drive name : ZERO-SD100S+KM-MCSDHC6X8G
[ IDE 接続ディスク  内蔵1 80h  総容量   7594(MB)] 
Grain size:  32768   16384    8192    4096    2048    1024     512 (B)
------------------------------------------------------------------------
Speed(top):   7470    4530    3530    2670    1410     723     363 (KB/sec)
Speed(end):   7400    5990    4390    2970    1640     836     417 (KB/sec)
Seek time : 323 points.
同じclass6でもTS8GSDHC6より遅いですねぇ。

・class10の8GB
Machine name[64]: PC-9821 RvII26/N20 
Disk interface  : SATA2RI4-LPPCI
Disk drive name : ZERO-SD100S+TS8GSDHC10
[ IDE 接続ディスク  内蔵1 80h  総容量   7639(MB)] 
Grain size:  32768   16384    8192    4096    2048    1024     512 (B)
------------------------------------------------------------------------
Speed(top):   7400    5870    4840    3320    1990    1070     552 (KB/sec)
Speed(end):   8870    7960    6120    4730    3150    1780     944 (KB/sec)
Seek time : 302 points.
直近で測定したclass6のMCSDHC6X8Gよりは速いものの同じトランセンド製品のcass6のTS8GSDHC6より遅いってどうよ。う~ん。
 
・class10の16GB
Machine name[64]: PC-9821 RvII26/N20 
Disk interface  : SATA2RI4-LPPCI
Disk drive name : ZERO-SD100S+KM-SDHC10X16G
[ IDE 接続ディスク  内蔵1 80h  総容量  15070(MB)] 
Grain size:  32768   16384    8192    4096    2048    1024     512 (B)
------------------------------------------------------------------------
Speed(top):   8960    8030    6600    4650    3050    1790     984 (KB/sec)
Speed(end):   9060    8270    6980    5350    3620    2200    1230 (KB/sec)
Seek time : 281 points.
16GBに容量が増えた分TS8GSDHC10より速いが、TS8GSDHC6とほぼ同じレベルになっただけのようで。変換基盤との相性なのか今回の用意したSDカード内のメモリ性能がヘボイせいなのか良く分かりませんねぇ。 

  ⌒
(    )       (   )
       )     (     )
          ⌒          ⌒ )
=========================このPC-98にSSDを――===